フードバンクとは

包装の破損や印字ミス、賞味期限が近づいた等の理由で、品質には問題がないにもかかわらず廃棄されてしまう食品・食材を、企業や個人から「銀行=バンク」のように預かり、支援を求める子育て家庭や子育て支援団体や福祉施設へ無償でお届けします。フードバンクふなばしは、行政、社会福祉協議会、民生委員・児童委員、学校と連携し、子育て家庭に対する食のセーフティネットの役割を担います。

日本では年間約2,000万トンの食品が廃棄され、その中にはまだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が約650万トンあると言われています。企業や商店の方々にとっては、食品を提供することで食品ロス削減・社会貢献の推進につながります。個人の方々は、「困った時はお互いさま」の気持ちで、ご家庭にある食品のおすそ分けが子育て家庭への応援につながります。私たちフードバンクふなばしとともに食を通して地域で子どもたちの健やかな成長を応援していきませんか。